簡体中国語  ||  繁体中国語  ||  English  ||  登录

黃山旅遊網 uhuangshan.com

詩の黄山、画の黄山、幻の黄山、夢の黄山

黄山概況

黄山は、風光明媚な安徽省南部に聳え(北緯30ー 1′東経118ー 1′)、東西30キロ、南 北40キロ、総面積1200平方キロメートル、一つの山ではなくて、屹立した群峰の総称です。その中の154平方キロメートルは黄山の精 華な部分で、500里黄山と言われております。1985年、黄山は中国の十大名勝地に選ばれ、1990年、世界の文化と自然遺産に登録された、世界でも有名な観光地です。

黄山は昔から有名でした。唐の時代の有名な詩人李白は何回も登ったことがあります。李白は「黄山四千仞にして、三十二蓮峰あり、丹崖石柱を挟み、かんたん金の芙蓉あり」と詠じて、黄山を「芙蓉の花」と喩えていました。明の時代の旅行家徐霞客は、 かつて二度にわたって危険と苦しさを乗り越えて黄山を登りました、彼は「薄海内外、無如徽之黄山、登黄山、天下無山、観止矣!」( 世界でも安徽省の黄山のような山がな い、黄山に登ると、天下にもう他の山を見なくてもよいです )と讃嘆しました、また、「五岳帰来不看山、黄山帰来不看岳」( 五岳から帰り来たれば、山を見ず,黄山から帰 り来たれば、五岳も見ず。 )とも言われておりました。

黄山は七十二の峰から成っており、蓮花峰、光明頂、天都峰の三大主峰を中心に周囲に広がります。年間三分の二ぐらい霧と雲海がでますから、また「黄海」とも言われて、まるで水墨画の世界です。

中国大陸の名山のすばらしい所を黄山は併せ持っております。即ち、「天下の名景は黄山に集まる」です。泰山の雄大さ、 華山の峻険、峨眉山の清涼、衡山の煙 雲、廬山の滝、雁蕩山の奇岩、いずれも黄山にはないものはないです。 黄山の四季春、夏、秋、冬は皆観光できます。春になると、美しい花が一面に咲き 乱れ、芳香を四方に放ち、夏には滝が断崖から緑に覆われた渓谷に流れこみ、最高気 温は25度を超えず、避暑聖地でもあります。 秋になると紅葉の季節で、山々が紅葉に覆 われ、色取り取りの世界になります。冬には、雪に包まれる松は樹氷を垂らし、氷の 銀色が目に迫ってきます。

黄山の天気はよく変わります。晴れた日よりも、雨や曇りの日の方がよりその真価を発揮します。白雲に彩られた峰峰はさらに複雑に変化し、一瞬ごとに山容を変貌させます、まるで水墨画そのものです。1978年、東山魁夷画伯は黄山に訪れました、さすが水墨画の山で、色を用いないで「黄山雨過」、「黄山暁雲」などの名作を描きました。黄山は詩であり、画であり、文人墨客の憧れでもあります。 黄山は1985年には中国十大名勝地に選ばれ、1990年には国連ユネスコ世界遺産委員会によって『世界の自然と文化遺産』に登録されています。頂上にはホテル、レストレンなどの観光サービス施設が完備しています。登山道が整備され、ロープウェイが三本もできております。東、南、北側から10分間ぐらいで登頂でき、とても便利です。


Copyright © 2017, 黃山旅遊網 版權所有  All rights reserved.